FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

11月25日 含み損の考え方

今日も私のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

先日、Rさんの忘年会に参加した際、含み損の考え方について、腑に落ちる話が聞けたので書きたいと思います。

これまで、取引の中で含み損が拡大し、損切りできず、ずるずる持ち続けて、最後は大幅に下がった後に、泣く泣く処分ということがありました。

最悪なのは、処分したところ、その後に上がること。

そんな経験をすると、下がった後にまた上がりそうで、なおさら損切りできなくなるという状態になります。

これまで -5%で損切だとか、チャートの陰線の関係で条件を付けるなど、いろんな決済条件を考えてやっていますが、経験から来る気持ちとの乖離は感じていました。

だから、損切に関してのよい考え方を求めていたんですよね、

そんななか、忘年会で出た話が

・総資産の考え方で、含み損の損失額も資産に組み入れて考える。
 つまり、300万の資金で、含み損100万円なら、資産200万円になってしまっているということ。

・含み損を決済すると上がるのは、上がるまで持ってしまっているため

という考え方です。

確かに、含み損という言葉は、いつか戻ってほしいという気持ちが強くのこり、資産が減った状態だということを認められないですよね。

そうやって、いつまでも持っていることで、資金の回転は悪くなるし、メンタルももやもやしたものになります。

長期に持てば、さらに下落し、耐えきれないときに売れば、すぐに値がもどることも発生してしまいますよね。

では、含み損を資産に組み入れて考えたらどうでしょうか。

そうすれば、資産は既に減った状態で考えられ、そこからどうやって改善しようかという考えになれます。
そうすれば、より条件の良い銘柄に移ったほうが、資産回復に有利だとわかるでしょう。

損失を確定することで、問題が明確になり、気持ちも前向きになると思います。

この話を聞いて、含み損に関する考え方が完全に変わりました。

これからは、もっと早く損失を確定できると思います。


ログランキングに参加しています。
クリックしていただけると、更新のモチベーションになります。
応援よろしくお願いします。


***********************************************
ただし、場中の確認ができないサラリーマン用にエントリルールを
独自に組み立てています。
エントリルールについては、私から購入いただいた方に特典として
お渡ししています。
***********************************************


スポンサーサイト
コメント

ランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると、更新のモチベーションになります。
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

カテゴリ

使っている手法

連絡窓口

メッセージがあれば、こちら から送ってください。
具体的な売買ルールに関しての質問には、お答えできませんのでご了承ください。

検索フォーム

リンク

ブログランキングに参加してます

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR