FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ある為替ファンドが教えてくれた、トレードに勝つ方法

今日も私のブログをご覧いただきありがとうございます

今日は雑談です。

自戒を込めて書きます。

私は株をやる前から、FXのトレードもやっていました。

FXの世界では、ずいぶん前から自動売買という仕組みがあり、非常に簡単に導入することができます

ですので、たくさんの人が自動売買プログラムを販売していますし、売買を請け負うファンドも設立されています。

今年、株を勉強したいと考えた私は、資金の一部を、ある有名情報商材の販売会社が運営するファンドに預けました。

年間「7年間負けなし」「7年間で21万円が1億に」など、素晴らしい文句がならんだ広告のぐらっと来たのが本音です、一応バックテストも良好でしたし。

するとその結果、運用はどへたで、含み損を拡大する日々。

本当に、「あほ」すぎて、イライラします。

含み損が大きいのでやめるわけにもいかず、ストレスを抱えたままです。

そのファンドは、定期的にメールが来るのですが、成績が悪かったり、トレードが失敗するたびに「今、次のシステムをテスト中です」とアナウンスするのです。

そのたびに私は思います。

だから勝てないんだよ。この○○ファンドが!

勝てないわけ

新しいシステムで、また、想定外の事態が起きますよね。

そのたびにまた、次のシステムを求めるわけです、永遠にそれを繰り返すのです。

何が悪いかっていうと、失敗するたびにシステムを変えていたら、何が悪かったのかわからなくなるでしょう。

同じシステムを突き詰めるからこそ、状況によってどう使っていいかがわかるし、改良が進むのです

でも、これって、裁量取引にも言えませんか。

私の感じることとして、トレードに勝てない人の特徴として、聖杯探しをつづけているということです。

あたらしい仕組みや情報商材を入手し、ちょっと使ってみて結果が出なかったので次を探す。

でも次もうまくいかないので、次を探す。ずっとそれを繰り返す。

それでは、なかなか勝てないですよね。

勝つためにどうすればいいか

では、どうすれば裁量トレードで勝てるようになるのか。

それは、例えばこういうことではないでしょうか。

⓵ある程度信頼性のある手法を見つける。
 例えば私は、5日株トレード法を使っていますが、友人の紹介と
 作者が公開している成績を検証して、いいと思ったからです

②結果が出るまで、何度も検証する。
 導入しすぐに結果が出るとは限りません。
 教材があっても理解度が小さければ、結果出ずらいでしょう。
 やる時間帯や、生活スタイルが影響しているかもしれません。
 できれば最初は少額でやって、失敗しても、継続できるようにする。
 もちろん手法の作者に質問をしましょう。

③さんざんやって結果が出ない場合は、やっと新しい手法を求める。

つまり、一つの手法を使いこなすまでやるということです。

数回であきらめるのではなく、どうやったら結果がでるか考えながらやるということです。

私は株を始めてから9か月間、一つの手法を使い続けています。

そのなかで、自分の生活スタイルと会わない部分は、自分の生活に合わせた手法を加えています。

そうしていくと、毎週のように修正する点が出てきますし、作者への質問も出てくるわけです、

やがて、それは自分に最適化された、勝てる手法に生まれ変わっていると思います。

皆さんはどう思いますか。



スポンサーサイト
コメント

ランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると、更新のモチベーションになります。
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

カテゴリ

使っている手法

連絡窓口

メッセージがあれば、こちら から送ってください。
具体的な売買ルールに関しての質問には、お答えできませんのでご了承ください。

検索フォーム

リンク

ブログランキングに参加してます

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR