FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ロスカットできない、利を伸ばせない方、必読の書籍 マークダグラス著 「ゾーン」

今日も私のブログをご覧いただきありがとうございます。

今日は、最近メンタル面の強化を目的に、毎日繰り返し読んでいる本を紹介したいと思います。


著者は、マークダグラス。
トレード心理学の創始者です。

本の紹介抜粋
本では、投資家がトレードで一貫した結果を出せない隠された理由を明らかにし、奥底に潜む心の習性がもたらす障壁を乗り越えるため、実践的なプロセスが提示されています。

すべての株式トレードを支配する「不確実性の原理」を本書から理解すれば、ランダムな結果を大局的に見て、リスクの本当の現実を受け入れられるようになるだろう。

トレードで成功を収めるカギは、投資家自身の心理の強化にある。そしてそのためにはトレードを確率的視点から考察し、適切な中核的信念を取り入れて「勝者の心構え」を持つ必要があると主張する。「ゾーン」状態に達したトレーダーは、マーケットが次にどうなるか知る必要はないし、気にしない。「自分」が次にどうしたよいか知っているのだ。そこには決定的な違いがある。

私の感想

この本は、トレーダーが生き残るためのメンタルの重要性を教えてくれます。

特に

・損切に失敗する。
・損切が怖い。
・ルールがあるのに守れない
・含み益が伸びるまで我慢できずに撤退してしまう。
・負けると混乱して、むちゃなトレードをし始める。

など、典型的な失敗を繰り返している自分にとっては、非常に参考になります。

この本は具体的なトレードテクニックなどはほとんど触れられません。
株の本につきものの、チャートや挿絵などもありません。

でも、なぜ、失敗するのか、トレーダーの心理状態を明らかにしてくれます。

そして、

・優位性のあるルールが必要で、あとはそれを機械的に繰り返す。
・今ある情報だけで判断する。まやばいと思ったらすぐに撤退。
・未来に期待しない。(待っていれば戻ってくるはずと損切を伸ばさない)
・トレードはある割合で必ず負ける。
 ただし、優位性があれば、総合計で最終的に勝てる。
・トレーダーは、マーケットが次にどうなるか知る必要はないし、気にしない。
 「自分」が次にどうしたよいか知っているのだ。

という考え方が重量なことを教えてくれます。

トレーダーは、マーケットが次にどうなるか知る必要はないし、気にしない。
「自分」が次にどうしたよいか知っているのだ。

メンタル本なので、読めばすぐに効果が出るというものではありませんが、何度か繰り返し読むうちに、実体験を伴ってだんだんわかってくると思います。

わたしもこの本は、半年前に買いましたが、その時に読んだときは「ふーん」という状態でしたが、今読むとむちゃくちゃ腑に落ちる内容でした。

いま、割と損切に躊躇しないのは、この本を読んだからだと思います。
1トレード当たりの損失の大きさは小さくなったと思います。

興味があれば、皆さんも是非読んでみてください。



ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると、更新のモチベーションになります。
応援よろしくお願いします。



スポンサーサイト
コメント

ランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると、更新のモチベーションになります。
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

カテゴリ

使っている手法

連絡窓口

メッセージがあれば、こちら から送ってください。
具体的な売買ルールに関しての質問には、お答えできませんのでご了承ください。

検索フォーム

リンク

ブログランキングに参加してます

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR